カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

Vol.001 【ベアーフーズ】  「作っているのは、熊料理じゃない?!『長崎蚊焼干し』です」

~ゼロから始めた夫婦の21年~



当時20代だった夫婦2人で、ゼロから始めた「長崎蚊焼干し」作り。

安い&大きい&美味しいがこだわりです。

長崎市のふるさと納税の返礼品としてだけでも年間7000件の注文があり、全国には多くのファンがいます。

長崎近海で獲れた魚を使い、ふっくらジューシーに仕上げました。

冷凍のまま焼くだけでOKという、忙しい方たちの味方!

焼くと脂がジュワっと出てきて、食欲をそそります。




ゼロから始めた長崎蚊焼干し作り

長崎市南部に位置する蚊焼町。

自然豊かで、木々のそよぐ音が心地よい町です。海も見えました。



ベアーフーズは、そんな蚊焼町で長崎蚊焼干しを作っています。


代表は、福田一義さん。一義さんを支えるのは、奥様・なおみさん。

(撮影のためにマスクを外していただきました)



ベアーフーズは2000年創業。創業当時、一義さんは29歳でした。

元々、魚市場や干物関係の仕事を経験していた一義さん。

自分でも一夜干しを作ってみようと決断。

なおみさんは「なんとかなるよね~」「ダメやったらやめようか~」と一義さんの決断を後押し。手伝うことを決めました。

そして、長崎蚊焼干しが誕生したのです。


しかし、なおみさんは、魚をさばくどころか、仕入れた状態のままの魚を触ることさえできませんでした。一義さんたちに教わりながら、一夜干しを作る方法を覚えたと言います。

ところが、美味しい蚊焼干しを作れるようになっても、大変な日々は続きました。



もやしを食べ続けた日々

創業から数年は、知名度が上がらず、なかなか売り上げも厳しかったと言います。

家計も苦しくなり、もやしや安いウインナー、仕入れた魚、ご飯しか食べられなかった時期もあるそうです。

その後は、安くて美味しい!という口コミが徐々に広がり、ファンが増えていきました。

地道な努力が実を結んだのです。

私も実際に食べてみて驚いたのが、口に入れたときに広がる脂!

しかもその脂が魚の旨味で溢れています!!

脂自体はサラサラであっさりしており、いくら食べても重くなかったです。

“お焦げ”の香ばしさもいい!


塩加減や甘さも絶妙で、熱々のご飯と食べたときは…堪りませんでした。

改めて、長崎の魚の美味しさを知り、その魚の美味しさを活かすプロたちがいる長崎って最高だ~と思った瞬間でした。



長崎蚊焼干しができるまで 

そんな長崎蚊焼干しはどのように作るのでしょうか?



①仕入れた魚をひらきます。

手開きです。敢えて手開きにすることで、見た目が美しくなります。




②血合いをとります。

これも全て手作業です。


③味付けをします。

ベアーフーズでの味付けは2種類。塩とオリジナルの味醂です。

塩は天然塩を使い、濃度や漬け込み時間は職人の感覚で調整します。

味醂は、醤油や砂糖などを使い、創業当時からの継ぎ足しで作っています。


④冷風乾燥をします。

味付け方法により乾燥時間も異なります。


⑤急速冷凍をします。

25℃!寒かったです!!


⑥完成です。

その後、包装・箱詰めをし、出荷されます。

多いときは、1日に3000枚もの長崎蚊焼干しを作ることもあります。

これらを福田さん夫婦含め9人で行っています。


現在、ベアーフーズでは年間を通して約20種類の長崎蚊焼干しを作っています。

(サバ・ヒラアジ・イカ・イサキ・カマスなど)

 


一番人気はアジで、食べやすく、あっさりしています。




なぜ“ベアーフーズ”(熊料理)なのか?

さて、気になっていた「ベアーフーズ」という社名ですが、“ベアー”はやはり熊のことでした。

実は一義さん、中学生のときの体重が100kgあったそう。(当時の写真を見せるのは恥ずかしか~とのこと)

当時のあだ名が「クマ」

社名を考えた当時、“ノリ”でつけてしまったとのこと。

21年も続くんやったら、ちゃんと考えればよかった~」と、一義さんは笑います。

でも、インパクトがあり興味を引きますので、私は“ベアーフーズ”という社名好きです。

話しているうちに、ふと気になったことがありました。

「私生活では、どのくらい魚を食べるんだろう?」

答えは…2人とも肉派らしいです()

「刺身は食べるけど、焼き魚って月に1回くらいかも!」と。

なおみさんは「肉屋さんの友達おらんかな…」とつぶやいていました()

「でも、商品の出来とかを確認するので、仕事ではよく食べますよ!!」と付け加えていました()




安い&大きい&美味しいものをお客様へ

創業当時からのこだわりは、安くて大きくて美味しいものをお客様に届けること。

原料費等が上がっても、ほぼ値段は変えていないと言います。

そのこだわりも後押しし、人気は更に高まっています。

催事等で出店した際、「若い子がうちの商品を見て、『蚊焼干しだ~!』って言ってくれるのが、もう…すごく嬉しかったんです」と、一義さんのこの日一番の笑顔が見られました。

幅広い世代の方に愛されていることが分かります。

これからも地域密着型で、お客様へ安くて大きくて美味しい『長崎蚊焼干し』を届けるのが目標です。



ベアーフーズの商品一覧はこちら

https://www.shian1.com/SHOP/g15430/list.html





Vol.002【CAKE HOUSE Honda】「白くて美しいスイーツ?!“美白”の秘密に迫る!!」

~明治から続く老舗は、愛されて 頼られる存在へ~

第一印象は「驚くほど白い!」「シンプルで美しい!」

私の中の“美しいスイーツ”のイメージとは、デコレーションや模様にこだわったもの。ですが、今回初めて“シンプルで美しい”スイーツに出会いました。

この“シンプルで美しい”スイーツの名は、「美白ロール」「美白ぷりん」。名前の通り、こんなに白くて美しいのは何故か…。白さの秘密に迫ります。

“愛のまち”で作るスイーツ

美白ロールや美白ぷりんを作っているのは、ケーキハウスホンダ

“愛のまち”と言われる、雲仙市愛野町にあります。

ショーケースはケーキがたくさん!

焼き菓子もたくさんあり、スイーツ好きには堪らない光景です。

営むのは、代表の本田 正さん・奥様の美保さん。 美白ロールと美白ぷりんを作っているところを見せてもらいました。

“白くて美しい”秘密

まずは、美白ロール。 主な材料は、卵・砂糖・小麦粉など。

美白ロールは卵入り(写真左)

でも、卵が入っているのに白くなるのでしょうか? しかも、卵の色がオレンジ色に近い、初めて見る色。 どのタイミングで白くなるのか、目を凝らさず見ます。

材料を混ぜた段階では、まだ白くありません。 これを泡立て器で混ぜていきます。

5分後。白くなってきました!

15分後、更に白く!!

ここにメレンゲを入れ、混ぜ終わったときには、“美白”になりました。

白さの秘密は、卵。 とあるメーカーから、“混ぜると白くなる”卵を仕入れ、使用しています。 そのため、白くて美しいスイーツが出来上がるのです。

その後は、生地を伸ばし焼いていきます。

白さへのこだわりが、焼き方にもあります。 通常ロールケーキを焼くときは、上板は約200度・下板は約170度で焼きますが、 美白ロールを焼くときは、下板は150度と、低めの設定。 高温で焼くと焼き色がついてしまい、美白にならないそうです。 更に、鉄板を2枚重ねることで焼色がつくのを防ぎます。

本田さんは、気温や湿度・季節によって焼き時間や温度を変えていると言います。 長年培ってきた職人の感覚です。

焼き始めて17分後。 生地が焼き上がりました。 横の部分が白くなっているのが分かります。

生地を冷やした後、クリームを塗り、巻けば完成です。

もう一つの秘密

美白ロールは、見た目以外にも驚きのポイントがあります。 それは、しっとり感。

天然の海洋性コラーゲンが入っているので、とてもしっとりとしています。 確かにコラーゲンって、「肌をしっとりとさせる」と言われていますよね。

ロールケーキならではのふんわり感も抜群。 卵が入っていてコクがありつつも、甘さは控えめでさっぱりとしているので、 食後のデザートで食べても全然重くなさそうです。 人によっては、1本まるごと食べられるのではないかと思いました(笑)

ぷりんのこだわり

美白ぷりんにも、“白くなる”卵が使われています。 ただ、ぷりんはロールとは逆に、あまり混ぜないことがこだわり。 混ぜすぎると気泡ができて、滑らかな食感になりません。

本田さんは、「ぷりんは滑らかさが大事!」と繰り返し言います。 そのため、混ぜた材料を何度も濾して、滑らかな食感に仕上げるそうです。

食べてみると、舌を優しく包み込んでくれる滑らかな食感に驚きました。 トロンとした食感は、こちらもとろけてしまいそうな…。 ぷりんならではのプルンとした食感も、もちろん楽しめます。

ちなみに、ケーキハウスホンダには「美白ぷりん」と「もっと美白ぷりん」があります。 美白ぷりんは卵入り。 もっと美白ぷりんは卵を使っておらず、卵アレルギーの方も安心して召し上がれます。

老舗の看板商品に

ケーキハウスホンダは、創業明治33年。 今年(2021年)で創業121年を迎える老舗です。 本田さんは4代目で、本田さんの曽祖父様が愛野町に創業されました。 元々は和菓子を作っていましたが、現在は洋菓子メイン。

本田さんが先代から継いだときに、看板商品を作ろう!と思い立ち、 約20年前、美白ロールと美白ぷりんは誕生しました。 これだけ白さが際立っているスイーツはなかなかないので、 さぞ試行錯誤して作ったのかなと思い、尋ねたところ…

「全然試行錯誤して作ってないんですよ~」と、本田さん(笑)

え…?謙遜してるのか?天才肌? 真相は分かりません(笑)

そんな本田さんの趣味は、釣り。 以前は五島などにも行き、釣りを楽しんでいました。 昔は車も好きだったそう。 車の話をしているときが、この日一番テンションが高かった本田さんでした(笑)

薄々感じていましたが、 本田さんは、プライベートでスイーツは食べないそうです(笑) 一方、美保さんはスイーツが大好き♪ 「結婚してからスイーツに囲まれる生活を送っていたら太ってしまって…」と笑います(笑)

本田さんが作る美白ロールと美白ぷりんは、今やケーキハウスホンダの看板商品。 美白ロールは年間2000本、美白ぷりんシリーズは年間1万個売れます。

本田さんは「試行錯誤して作ってはいない」と言いつつも、 スイーツ作りにおいて、大切にしていることがあります。

それは「絶対に妥協しない」こと。 力強い言葉でした。

愛され、頼られる存在へ

ケーキハウスホンダは、本田さんの妥協しないスイーツ作りが評判を呼び、 地元はもちろん、全国から愛されるお店へと成長しました。 コロナ禍前までは、毎年お店に来てくれる県外のお客さんもいらっしゃいました。

また、ケーキハウスホンダは、 「愛のじゃがいっパイ」(愛野産ジャガイモを使用したパイ・愛野町はジャガイモが特産品の1つ)、「まるごと雲仙チーズケーキ」(雲仙産の牛乳や生クリームなどを使用)など、地元の食材を使ったスイーツが多いのも特徴。

本田さん自ら地元のものを使うこともありますが、 地域の方から「○○を使ったスイーツを作ってください」と依頼があるそうです。 愛されているだけでなく、頼られている存在ということが伺えます。

本田さんは「飽きられないスイーツ作りをすること」を、日々の目標に掲げています。 そのため、多くの新商品を考え、たくさんの笑顔を生み出しています。

ケーキハウスホンダは、今後も進化し続けます。

※一部の写真はケーキハウスホンダの提供です

ケーキハウスホンダ
商品一覧はこちら

ページトップへ